フォト
無料ブログはココログ

«  其の千五十ニ | トップページ |  其の千五十四 »

2018年1月14日 (日)

 其の千五十三


 南極では風邪を引かないらしい…。(-.-)y-~


 こんにちは、たこ拳ぢです。


 「ねぇ、未就学児お断りって書いていい?」とかみさん。


 こう言うまでに今までも何度かあったんですけどね。


 誤解を恐れずに書きますけど、ガキがダメなんぢゃなくて親がバカすぎます。


 そんな親を見ながら実はかみさんよりぼくのほうが先にブチ切れてるんですけどね。


 客席でオムツ代え始めたりね、テーブルにボールペンで幾何学模様描かれたりね、障子に穴開けそうになったりね(これはまだやられてない)…。


 注意したら逆ギレしたのもいたなぁ…、あ、ほくにぢゃなくてかみさんにね。


 配膳ついでにお盆の角で後頭部殴ったろか?と…、何度思いとどまったことか。


 ガキをしつけられないアホな親と嫌われることにビクビクしているクソジジイとクソババア…。


 全部とは言いませんが、なぜかうちの場合はほとんどといっていいほどこんなんばっかです…。(ToT)


 地域性かい?


 まぁ、ベッドタウンということを考えると、いろんな地域から人が入って来るので、いろんな人がいるってことでしょうか。


 「未就学児って幼稚園児も入るんぢゃないの?」とぼく。


 「え?幼稚園未満じゃないの?」


 「ぢゃあググってみる。」(つまんねぇことググるなぁ)


 結果、幼稚園児は未就学児でした…。


 「じゃあ幼稚園未満はお断りって書いていい?」


 「いいよ!」


     ↓


     ↓


     年内には幼稚園児未満お断りの店になるでしょう。


     ↓


     ↓


     あくまでぼくの精神衛生上の問題です。( ̄▽ ̄;)


   


 

 


 


 

«  其の千五十ニ | トップページ |  其の千五十四 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは、深刻な問題だよねthink
本当にモラルが崩れている。
親、祖父母さえ、崩壊しているよ。
うん、良いと思う!貼り紙。
今は、客に食べる順番を指示する店主もいるらしい。
拘ってやるのも、良いと思うよ。
それは、他のお客さんへの配慮にもなるしね。
美味しい物は、静かにゆっくり食べたいものね。(^^)v

エルザさん
いらっしゃいませ~!

これはですねぇ、ひとつにはみんながファミレス馴れしてしまったというところもあるんですね。

ある意味ファミレスではなんでもOK(ある程度まではですけど)なところがありまして。

それを個人店にまで持ち込まれても困るんですけどね。

かみさんいわく常連さんにも迷惑がかかるからということで、大義名分のもと実行すると思います。

偉そうにと思われても構いません。

だって偉いんだもん!( ・ε・)

なるほど ファミレスねぇ~
確かにTPOをわきまえることができないバカ野郎が増えてますからねぇ
(無断キャンセル問題を見ても今の世はバカだらけってのがよくわかります)

客だけ店を選ぶ権利があるってのは不平等です
店も客を選ぶのは当然
店側が忖度したり泣き寝入りするから客が増長する
ダメなものはダメと誰かがビシッと躾をしないと
(今は便所に連れ込んだり、ダバコ押し付けるわけにはいかんから
性根を叩き直すのも面倒な時代ですねぇ~smile

ほ~んと記事とかニュ~ス見とっても、周りのこと考えてない自己中な方多くなっとる感じする。たこさんとこ以外でも困っとるお店たくさんある気するね。ほ~んとい~方向にいくといいよね~♪(風邪引いてもい~から南極には行きたくないなぁ~ww)

まんたろうさん
いらっしゃいませ~!

昔はよかったですねぇ、タバコ一本で事がすんでしまうんですから。

根性ヤキとはよく言ったもんです。

今はタバコ吸うのでも肩身の狭い思い…、イヤな世の中になったもんです。

えっと、あれ?なんの話だっけ?

あぁ、躾だ。

バシッと躾ちょります!(^_^)v

110さん
いらっしゃいませ~!

南極はいいですよぉ~!

ペンギンはいるしタロジロ…、はいねぇか。(^o^;)

UFOの基地もあるみたいですし…、ま、そりゃいっか。

たまにいるんですけどね、サービス業に従事している人でいつもお客さんに頭下げてばかりいるから、仕事から離れると横柄になるヤツ。

こういうのも困ったもんなんですよ。(-.-)y-~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1886698/72689474

この記事へのトラックバック一覧です:  其の千五十三:

«  其の千五十ニ | トップページ |  其の千五十四 »